BLOGブログ

2021年1月11日

お部屋を暖かく快適に過ごす5つのポイント

年末年始は久しぶりに雪がたくさん積もり、子どもたちが雪だるまやかまくらをつくっていましたね。冬本番の寒い時期は家族や子どもたちのためにも、部屋の中をあったかくして快適な空間づくりをしましょう。

 

部屋の寒さの原因は?

部屋が寒くなる主な原因は、「外気の影響を直接受ける窓からの冷気」です。冷気は下に向かってどんどん溜まるので、冷え切った床の空気によって、足元から寒さを感じてしまいます。窓からの冷気を対策して、部屋を暖かくしましょう。

 

 

暖房効率を上げて節電も♪部屋を暖かくする5つのポイント

それでは、お部屋を暖かくするポイントをご紹介します。

 

1.厚手のカーテンや遮熱カーテンに変更する

窓より少し長めのカーテンにすると、冷気が部屋に入りにくくなるので、より断熱効果がアップします。また、窓ガラスに断熱シートを貼るとさらに効果的ですよ。

 

2.ラグやカーペットを敷く

カーペットを敷く前に、アルミシートなどを敷いた上に、ラグなどを配置するのがおすすめです。床からの冷たさを遮断するので効果があります。

 

私の家でファンヒーターを使用していた部屋では、冬になってから猫が椅子からあまり降りなかったのですが、ラグの下に厚手のアルミシートを敷いたところ、寝そべるようになりました。アルミシートの厚さはミリ単位でいろいろありますよ。

 

3.エアコンと同時にサーキュレーターを稼働する

サーキュレーターは床より少し高い位置に設置して、上向きに設定します。天井付近の空気を循環させ、暖房効率が良くなります。

 

4.部屋に合わせて暖房器具を使い分ける

「広い空間にはエアコン」、「狭い空間にはファンヒーター」などと、暖房器具の使い分けは賢い節電術の第一歩です。また湯たんぽやひざ掛けなどを併用して、エコに暖かさをアップしましょう。

 

5.加湿器を活用する

室温を上げるだけでなく、湿度を上げることも重要です。加湿器を利用することで、お部屋での体感温度も上昇し、寒さを和らげることができますよ。

 

ちょっとの工夫で、さらに暖かさアップ!

◆ホットドリンクで体温上昇

紅茶に、はちみつとしょうがの絞り汁を加えると、ハニージンジャードリンクに♪
体の中からポカポカになりますよ。
(※1歳未満のお子様に、はちみつを与えるのは避けてください)

 

◆小物で暖かいインテリアづくり

暖色系のカラーコーディネートを意識して、温かい雰囲気づくりをしてみませんか
心も体もほっこりとしますよ。

・クッションカバーは「赤色」「オレンジ色」「黄色」などの暖色系や、ニット素材にする
・ソファーに「ファー素材」や「ノルディック柄」のブランケットをかける
・「キャンドル」の照明を利用する
・北欧の伝統的な柄を取り入れる。

 

雪の結晶やトナカイもみの木やハート等は、見ていても楽しくてほっこりとあたたかい気分になりますね。

 

そのほかには、今ある窓に内窓をとりつけると断熱効果がアップします。リクシルのインプラスは、冬はあったか、夏にもさわやかで、断熱効果・結露軽減・遮音効果・UVカット・防犯効果もありますよ。

 

寒い時こそ、暖房効率を上げて節電するコツを取り入れながら、あったかいお部屋で、身体も心も満たして、寒さを乗り切りましょうね。